FREE NETWORK               人と地球の豊かな未来  

 FREE-NETWORK-NEWS 
SBM養殖池浄化    地球環境保全バイオテクノロジー技術
エビ、魚類の養殖池の浄化用微生物資材、エビ養殖の場合、致死率、成長速度を速める事ができる。

湖沼の富栄養化を防止できる。また、藻や青子の発生した池も浄化できる。

エビ、魚類の養殖池の浄化用微生物資材、エビ養殖の場合、致死率、成長速度を速める事ができる。

  

コメント

  上の写真は、富栄養化した池の状態で、その右側の写真は、それから二ヶ月後の池の湖水の状態。

  藻はすべて、湖底に沈下し、分解。池の透視度が圧倒的に増したのと同時に、鯉が産卵し、稚魚が

  みるみる成長した。この方法は、化学薬品や塩素などを使用するのではなく、悪化した環境でタフに働く、微生物を

  投入することによって、自然生態系を復元するナチュラルな方法である。自然によい物は、生き物にも良い。

  環境が浄化されることによって、そこに生きる、魚やエビなどもストレスが減り、生き生きと成長することが出来る。

  養殖業にとっては、成長速度を早めることができる。致死率を大幅に減少できるなど、

  直接売り上げに結びつくので、まず使ってお試し頂くことをお勧めします。