FNW.ネットナチュラル情報局

アロマオイル通信

アロマオイル通信

ヒノキの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

ヒノキ精油

名前 ヒノキ、檜、Japanese cypress
学名 Chamaecyparis obtuse
科名 ヒノキ科
抽出部位 木・枝・葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ベースノート
注意事項 妊娠中は避ける、刺激強
香り 【樹木系】甘さとスパイシーさをもつフローラル調の香り
主な成分 【モノテルペン炭化水素類】αピネン(木部)、サビネン(葉部)、リモネン、ボルネオール、酢酸ボルニル、ネロリドールなど
陰陽 陰
チャクラ 第3チャクラ(第4チャクラ)
色 ブルー、グリーン

古来より使われてきた日本の伝統的アロマオイル

日本の歴史と深く関わるヒノキ。日本特有の湿気の多い気候から守るために、湿気に強いヒノキは古くから神社仏閣などの建材として利用されていました。ヒノキの香りはリラックス効果が高く、森林浴と同じような効果をもたらすと言われています。

植物の特徴

台湾と日本に生息します。乾燥した場所を好んで自生しますが、日本では沢山植林されています。狂いがなく、加工しやすい特徴から、古くから建材をして使われてきました。

ヒノキの効果効能

心への効能

すっとまっすぐ、長く成長するヒノキの様に、私たちにもまっすぐ夢に向かって進む力や、成長するパワーをくれる香りです。自分らしさを取り戻したい時におすすめです。また、高いリラックス効果があり、静かに自分と向き合う時間をくれます。

体への効能

抗菌、消臭、防虫効果に優れています。血行促進作用があり、むくみや疲労に効果的です。

皮膚への効能

皮膚の炎症を抑え、傷を治し、老化を防止する作用に優れます。ニキビなどの症状や傷を直し、肌を綺麗に再生させてくれます。

体への効能

抗菌作用
鎮静作用
血行促進作用
頭痛・生理痛・筋肉痛の緩和
月経不順・PMSの緩和
鬱滞除去作用
消化促進作用
強壮作用
鎮痛作用
免疫強化作用
細胞収縮作用
森林浴作用
コーチゾン様作用

肌への効能

抗炎症作用
皮膚強壮作用
老化防止作用
創傷治癒作用

その他

防虫作用
消臭作用

おススメ使い方

芳香浴、ハウスキーピング(特に防虫用)

精油のブレンド
香りの相性がいいブレンド
樹木系、オリエンタル系の香りと相性がいいです。

ハーブ系・・・クラリセージ、ローズマリー
柑橘系・・・ベルガモット
フローラル系・・・ネロリ
オリエンタル系・・・イランイラン、ジャスミン、ベチバー
樹木系・・・サイプレス、ローズウッド

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional